あわくら会館​ 2021

建築設計:アルセッド建築研究所

写真:浅田 美浩

Awakura Hall 2021

Architectural Design:

Architectural Laboratory for Systems Environment Development

Photo:ASADA Yoshihiro

 

「上質な田舎」を目指す西粟倉村は、「あつまる、つながる、やってみる」を掲げ住民の拠り所となる新しい複合施設を建設した。

建築は西粟倉村に相応しい木造建築で、円弧を描く梁が各施設に共通した建築意匠である。
照明はこの梁を利用した天井への間接照明によって明るさ感の確保を基本としながら、各施設の用途にあった照明をプラスして、統一感と適光適所を両立したデザインとした。
・図書館 梁間接照明とスポットライトの組合せにより、開放的でありながら落着きのある明るさ感を実現。(低い天井部分は梁間ライン照明)
・行政執務室 梁間接照明とライン照明の組合せで明るさ感と高い照度を確保。
・議場兼ホール 壁面から天井への間接照明と波型天井頂部のライン照明によって、特徴的な天井意匠の強調と必要な明るさの確保を両立。
・ホール 梁間接照明で空間の明るさ感を確保し、スポットライトで床面に抑揚のある光を確保。